なんで幼児教育

人気記事ランキング

ホーム > 病気 > そもそもHIVに感染するということはどういうことでしょうか?

そもそもHIVに感染するということはどういうことでしょうか?

HIVとはウイルスの名称です。そしてこれに感染することで引き起こされる状態がエイズと呼ばれる状態です。

HIVは、人の免疫機能に関わる細胞などに侵入します。

そのためエイズを発症すると、免疫機能が著しく低下してしまいます。

その結果、普通の人であれば何でもない風邪を原因として重篤な肺炎が引き起こされてしまったりします。

 

免疫機能は、いわば体の防御力です。ですからそれが著しく低下すると言うことは体の防御力が低下することですから、様々な病気にかかりやすくなってしまうと言う具合です。

またそれにより体力も衰えやすくなるため、小さな病気でも回復が遅れ、時には命にかかわるような事態になることもあると言うのがエイズの特徴です。

引用元~性病の一つ「HIV感染」について


 

HIVがどのように感染するか、その経路は主には3種類あります。

まずは性的経路です。現時点で、HIV感染経路としてはもっとも多いのがこの性的感染です。

これは女性であれば膣粘膜、男性であれば亀頭粘膜の細かい傷から、膣分泌液や精液に含まれるHIVが侵入するのが原因です。

また男性同士の性交渉の場合、単層である腸管粘膜から侵入することも多くあります。

 

それから血液経路です。これは輸血、注射針の使い回しなどにより、感染者の血液が他の人の血管内に侵入することが原因です。

そしてもうひとつは母子経路で、出産時に胎児が産道を通過することや、胎内感染などが挙げられます。

 

HIVに感染しないためには、これらの経路を断つ必要があります。

まず性交渉においては、コンドームを着用することが最も効果的だと言われています。

これはまた、口腔内を使用する際にも求められることです。

 

それから血液に関しては、特に医療機関の徹底した管理が求められます。

ウイルスは、傷口などがあるとそこから侵入していきます。

しかしそれ以外の場合であれば、普通に血液に触れただけで感染すると言うことはないので、その点も頭に入れておきたいことです。

母子の場合、妊娠初期の段階で検査を受ければ明らかにできます。

 

そしてそこから適切な治療を開始すれば、胎児へウイルスが引き継がれる可能性を著しく低下させることができます。